おりものの様子でわかる!性感染症チェック

おりものの様子、普段からチェックしていますか?おりものからわかる性感染症の見分け方をまとめました。

おりものって何で出来ているの?

女性にとって、健康のバロメーターとも言えるおりもの。生理周期で変化したり、もし性感染症になっても普段と様子が変わって異変を教えてくれるものでもあるのです。

そもそもおりものって何でしょうか?おりものとは、子宮頚部や膣からの分泌物・子宮や膣からはがれた古い細胞などが混ざり合って身体の外に出されたものです。通常は無色透明から白っぽくて臭いはありません。少し粘り気があったり、サラサラの状態だったりします。生理前後や排卵日などに量が増えたり臭いがする場合もあります。膣で細菌に感染するのを防いだり、妊娠するために精子の動きを助けたりする役割を持っています。

普段の自分のおりものの様子を知っておくのは、異常に気付くのにとても大切な事なのです。ぜひ、様子を観察するくせをつけてみて下さいね。

いつもと違う?性感染症になった時のおりものの様子

「なんだかいつもと色が違うような気がする」「臭いがきついかも」普段と違う様子に気が付いたら要注意。性感染症の可能性があります。代表的な性感染症と、おりものの様子をまとめました。当てはまるところがないかどうかチェックして下さい。

  • ぽそぽそして白~黄緑っぽい色をしている

カンジタ膣炎が疑われます。誰でもかかる可能性のある、かなりポピュラーな感染症です。免疫力が低下している時に感染しやすいとされています。

  • 血が混じる

生理前後でなければ不正出血のサインです。クラミジアやポリープ、子宮がんの可能性も否定出来ません。早めに医療機関を受診しましょう。ホルモンバランンスが崩れているだけのこともありますが、どちらにしても早目の治療を。

  • クリーム状で黄色っぽく、泡立っている

トリコモナス膣炎に特徴的なおりものです。抗生物質で治療出来ますので早めに医療機関へ。

  • 鼻水のようで黄緑色っぽい

淋菌に感染していたり、大腸菌のような細菌が膣に感染している可能性があります。もし淋菌の場合は抗生物質を飲んで治療します。

おりものの検査ってどうやるの?

いざ医療機関を受診して…おりものの検査ってどんなことをするんでしょうか。どれくらいかかるのか、出来れば費用も知りたいもの。おりもの検査の実態を紹介します。

おりものの検査では、膣内に専用の綿棒を数センチ入れ、内側の粘膜部分を軽くこすって採取します。がん検診や婦人科健診などで経験した人も多いかもしれませんね。採取したおりものを培養したり、顕微鏡で観察して異常がないかを調べます。これでクラミジア、淋病、膣トリコモナス、カンジタ、細菌性膣炎がわかります。ウイルス性の感染症はDNA検査で感染しているかどうか調べます。

検査の費用は、検査キットを使う方が安くできます。大体一項目1000~2000円程度です。医療機関で行う場合、項目にもよりますが、初診料を合わせて10000円程度になることが多いようです。ただし、医師が検査が必要だと判断して保険適用にした場合は3割負担になります。症状がないけど確認しておきたい、という人は検査キットを使う方が手軽で安く出来そうです。