おりものが多い日はどうしてる?みんながこっそりしている対策とは??

おりものが多い日はどうしてる?みんながこっそりしている対策とは??

生理と違って毎日くるおりもの。生理前後や排卵日の前後は増えてしまうおりものは皆さんどんな対策をしていますか??

なかなか聞けないおりものの悩みを解決しましょう!

実はみんな使っているパンティライナー

おりものが多い日は下着を手洗いしなければ汚れが落ちなかったり、洗濯しても落ちていなくてもう一回洗濯機へ戻したり、なかなか厄介なおりもの。洗いすぎてお気に入りの下着の劣化を早めてしまうのも女性特有の悩みですよね。そんな時に使っている人が多いパンティライナー。最近はデザインが可愛いものや香りが付いているものなど種類が豊富です。ナプキンより薄手なのでポーチにさりげなく忍ばせている女性が増えているようです!

パンティライナーでは抑えきれないおりものは?

水っぽかったり量や臭いが気になる人は性病の危険も。おりもので分別される性病の種類は7〜8種類もあります。

どんなおりものが出ているのかによって疑われる性病は一つとは限りません。明らかに異変を感じた時はすぐ診断を受けに行きましょう。そのまま放置してしまうと病状が悪化し、デリケートゾーンが肌荒れしてしまう事も。

おりものにも周期が!性病にも注意

生理周期と同じようにおりものにも周期があるのはご存知でしたか?おりものの量が増える時期や減る時期がわかる周期があります。生理周期や排卵日を把握しておけばおりもの周期でおりものの量が分かります。量が分かれば前もってパンティライナーや生理ナプキンを用意しておけるのでとっても便利です。

またこの周期に合わないおりものの量だな、と感じた時は体の異変のサインでもあります。このおりもののサインは性病のサインでもあります。

ストレスが原因の場合も。

性病には無縁だと思っている多くの女性は性行為での感染でしか性病にならないと思っていますがそれは実は大きな誤解です。

ストレスで免疫力が低くなってしまうと発症してしまう性病もあります。女性は性病になってもあまり症状がでないので気付きにくい人が多いのです。おりものの異変で初めて病気に気付いたなんてこともよくあります。気付いた時にはもう誰かにうつしてしまったかもなんて事態も女性によくありがちです。

日頃からおりものとうまく付き合う事が女性としての健康管理の方法のひとつでもあります。

生理周期を気にしながらおりもの周期も気にかけてみてくださいね。

参考URL

http://www.kobayashi.co.jp/brand/sarasaty/orimono/