ブツブツや痒みを感じたら「性器ヘルペス」に注意

性器周辺に赤いブツブツや水ぶくれが出来る、過剰な痒みを感じた場合、「性器ヘルペス」に感染している可能性があります。

この性器ヘルペスの特徴・初期症状・治療等についてご紹介していきます。

1.性器ヘルペスとは

ヘルペスとは「単純ヘルペスウイルス」の感染によって発症する赤い出来物です。

ヘルペスは1型、2型の2タイプがあります。いずれも空気感染はせず感染者との接触により感染します。1型は「口唇ヘルペス」となり、口や唇に出来るヘルペス。口移しやコップなどを介して子供でも感染します。2型は今回ご紹介している「性器ヘルペス」となり、性行為によって感染するヘルペスであり、性病として扱われます。

ただ近年はオーラルセックスの普及により口唇ヘルペスも性行為によって感染する事があり性病と扱われる傾向となってきています。

2.性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの症状をご紹介していきます。

・初期症状

潜伏期間は4~10日程度となります。潜伏期間終了後、初期症状として軽い発熱(38度程度)、だるさなどを伴います。

・中期症状

感染から2週間以上経過すると、赤い豆状やブツブツ状の出来物が性器周辺に出現し痒み、痛みを伴うのが特徴的です。また水ぶくれや潰瘍、太もものリンパ節の腫れを患う事もあります。

・末期症状

放置すると、髄膜にまで達して髄膜炎に発展する事があります。また排尿障害、排泄障害を及ぼす事もあります。

なお性器ヘルペスに感染した場合でも70%以上の方は症状がほぼ出ないと言われていますので症状を患っていなくてもヘルペスに感染している方は多くいます。

3.性器ヘルペスの対処法

性器ヘルペスは軽度であれば2~3週間程度で自然治癒します。症状が酷い場合は抗ヘルペス剤を服用する事で症状を和らげる&再発防止を行います。なお性器ヘルペスは一度感染するとウィルスは体内に宿り続けます。現在は性器ヘルペスを完全に体内から除去する医療技術はありませんので、症状緩和、再発防止の面から治療を行います。

参考にしたサイトURL

http://herpes.jp/gh/symptom/what.html
http://www.std-lab.jp/stddatabase/genital-herpes.php
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E5%99%A8%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%9A%E3%82%B9
http://herpes.jp/basic/