性病は放っておくと怖い!?手軽に性病・HIV検査を受けよう!!

現在、年々患者数を増やしている性病ですが、病院に行く時間が無い、友人にも恥ずかしいからと相談できず放置している人もいるのではないでしょうか。
そんな人にぴったりの方法を紹介します。

痛くも痒くもない!放っておくとなぜ怖い!?

性病になっても症状がなく気づけない、分かっていても今はなんともないからと放置していませんか?そのままにしておくと、将来後悔する事になりかねません。

大事なパートナーにうつしてしまうケースや、もしくは自分が治療していてもパートナーが感染していたらピンポン感染(お互いにうつし合う)してしまい、症状が悪化するだけではなく完治は難しくなりますよね。
どの性病にかかっても男性の場合、尿道炎を発症して放っておくと精子が作れなくなり、無精子症に。女性の場合、子宮の炎症から排卵障害になり卵管の通過障害の結果、男女共に不妊症になってしまっていざ子供を作ろうとした時には授かりづらくなるということも。
他に、性病のウィルスが原因でガン発症に繋がるケースもあります。
その1つに尖圭コンジーロマは、ヒトパピローマウィルスが原因の性病ですが、このウィルスが更に子宮頸がんの原因とも言われています。
今現在、ヒトパピローマウィルスの治療方法は無く完治する事はありませんが、ほとんどの人が自分の持つ免疫によって体の外にウィルスを出す事が出来るそうです。ただ、完治する訳ではないので注意が必要です。

病院に行かなくても、検査は可能なのか!?

今婦人科や性病科を探さなくても、しかも誰かに相談せず検査が出来るとしたら利用してみたいと思いませんか?
何社かありますが、それぞれ検査内容も様々で自分が今気になっている症状や病気に応じて何種類かまとめたセットが設定されて、もちろん1種類だけ調べる事も可能です。
インターネットで申し込みをした後、採取キットが自宅に送られてきます。自宅では家族に知られてしまうから嫌だという人の為に、送り主を個人名に変えて郵便局留めや指定場所に発送可能のメーカーもあります。男性の場合、尿を送られてきた容器に採取した後同封されている封筒で返送します。
女性の場合は大きめの綿棒の様なものを使い、膣内のオリモノを採取し専用容器に入れ返送します。
血液が必要なHIV検査では、専用の針がキットの中に入っています。針というと怖い感じがしますが、病院で採血する様に大量では無く豆粒くらいの血量で充分なのです。
素人でも一瞬で簡単に出来ますし、例えるなら裁縫の時間違えて刺してしまった位の痛みです。更に消毒綿や小さめの絆創膏も付いているので、止血が不安という人にも安心して利用出来ると思います。
どこのメーカーも検査内容はだいたい同じですが、値段やセット内容を見比べて自分に合った所を見つけてみてください。

性病は、自分だけでなくパートナーも一緒に治療する事が大事です。
何かおかしいなと感じているのに病院に行くのをためらっているなら、重病化する前に是非検査キットを利用してください。

その不倫、大丈夫?性病のリスクと一緒に考えよう

「好きになった人がたまたま結婚してただけ・・・」。不倫をする人の多くがそう言います。中には純愛の不倫もあるでしょう。しかし、相手はあくまで既婚者。すでに誰かを裏切っている人間が、どうして自分を裏切っていないと言えるでしょうか?相手はもしかしたら複数人と関係を持っている場合だってあります。純愛の不倫ではなく、ただ遊びたいだけのゲス男につかまってしまったら、最後。心も体もズタボロです。精神的な回復も必要ですが、性病検査も必ず行うようにしてください。

体に異変が!

不倫はつらいものです。不倫ではなければもしかしたら好きにさえならないような男性が、不倫によって美化されてしまいます。その恋はなかなか実らない・・・まさにロミオとジュリエット効果。しかしちょっと待って。それは精神的なものだけでしょうか?何か病気になっていませんよね?気になることがあったらすぐに病院に行ってみましょう。

相手のことをよく知らない事実

不倫は基本的に「私とあなた」の2人で完結する世界。その人の友人や家族、それから歴史も深くは知りません。本当はその人がどんな人か知らないということです。もちろん付き合いが長く、「私は彼の全部を知っている!」「私に見せる顔が彼のすべてだ!」と情熱的になりたい気持ちは痛い程わかります。

でもね、冷静になってください。客観的に見て、やっぱり知らないと思うんです。

不倫中のセックスはとても盛り上がるでしょう。とても気持ちよいでしょう。ただし、そこにはもしかしたら性病の影が潜んでいるかもしれません。冒頭でも書きましたが、あなただけが不倫相手だとは限りません。同時進行ではなくても、過去に関係を持った人があなたと奥さんだけとも限りません。彼とそういう会話が出来る場合は必ずそういう会話をしておいたに越したことはありませんし、もちろんそんな男が自発的に検査に行っているとは思えませんし、白状するわけもありません。自分を守るのは自分次第です。こういう時に限らず、不倫相手は自分が困った時に助けてはくれません。そのことを肝に命じておいてください。

もしくは自分に性病が!

自分が相手のことをよく知らないように相手も自分のことをよく知りません。

もしかしたら、あなた自身あなたのことをよくわかっていないかもしれません。

もしくはあなたは今までセックスした人すべての人が性病を持っていなかったと断言出来ますか?もしあなたが元々性病を持っていた場合、不倫相手に性病を移す可能性があります。

あなたをどんなに愛してると言ったところで、不倫相手が奥さんと関係を持って、奥さんに性病が移り、不倫がばれてしまうことも。

不倫をするなとは言いません。真剣に好きになることもあるでしょう。

ただし、絶対にコンドームは必ず使用してください。性病が原因で不倫がばれることほどとほほなことはありませんし、万が一妊娠してしまった場合、傷つくのはあなた自身です。さらなる泥沼にハマり、人生を棒に振らないようこれだけは気をつけてくださいね。

性器の痒みや腫れの原因は外陰炎の可能性あり!

デリケートゾーンの痒みや腫れの原因は外陰炎かも

デリケートゾーン、ずばり性器が痒くて仕方がない、熱を帯びた痛みを感じる、トイレ時にピリピリ痛いなどの不快な症状がある場合は外陰炎になっているのかもしれません。痛む場所が場所だけに、病院にも行きづらいうえ、人に治療法を聞けなくて悩んでいる人もたくさんいます。放置していてもしばらくすると症状が治まりますが、外陰炎は慢性化しやすく、体調不良や抵抗力が落ちている時に再発する可能性の高い女性特有の病気です。

外陰炎になる原因や、治療方法を理解して、不快な症状を再発しないように気を配りましょう。

清潔にしないとダメ!洗いすぎもダメ!どうすればいいの?

外陰炎になる大きな原因のひとつが、性器周辺の不衛生な状態にあります。自分は清潔にできていると思っても、下記の項目が当てはまったら注意が必要です。

・下着や生理用品による摩擦やムレ

・生理用品や石鹸など洗浄剤による化学的刺激

・セックスやマスターベーションの刺激による傷

・月経血の刺激

・性器に洗い過ぎによる自浄作用の低下

注目したいのは、清潔も必要ですが過剰に洗浄しすぎるのもいけないということ。性器の洗い過ぎは体の機能として備わっている自浄作用が低下することで、ウイルスや細菌に感染しやすくなってしまうことがあります。普段のケアはシャワーで優しく洗い流す、または低刺激のソープで洗うなどで十分です。

デリケートゾーンを清潔に保つには、通気性も重要になります。通気性の悪い下着や、生理用品でムレることにより、雑菌が繁殖しやすくなります。また、ムレだけでなく生理中は、生理用品の素材に含まれる化学物質による刺激や、経血に含まれる細菌により外陰炎になることもありますので特に注意が必要です。

生理用品はこまめに交換して、清潔な状態を保つことが大切です。一方、こまめに交換しているのにかぶれや痒みがある人は、生理用品に含まれる化学物質に弱い体質かもしれません。

デリケートゾーンを清潔に保つには、洗いすぎによる自浄作用の低下に注意し、通気性をよくすることが大切です。生理用品が原因でかぶれる場合は、生理用品自体を布ナプキンなど肌に優しい素材のものに変えてみるのも良いでしょう。

外陰炎の症状があると性病にかかりやすくなる!

外陰炎の痛みがある状態で、性行為をすると炎症している部分から性病にかかるリスクが大幅に高まります。細菌で感染する淋菌や、原虫や真菌が繁殖し炎症を起こす膣トリコモナスやカンジダ症に感染しやすくなります。多くの場合、性器の外側だけでなく膣炎も併発することが多くなります。これらの感染症は外陰炎と同様に、痛みの症状もしばらくすると治まるため、知らないうちにパートナーへ感染させてしまう可能性があります。トリコモナス膣炎は、痛みがないため治療をせずに放置しておくと、炎症が卵管にまでおよび不妊症や早産、流産を引き起こすこともあります。性器に痒みや痛みなど違和感がある場合は、自分のためにもパートナーのためにもセックスを控えるようにしましょう。

性器に異変を感じたらすぐ病院へ!

外陰炎になる要因は様々です。症状は、痛み、痒み、腫れ、かぶれなど共通する点もありますが、治療に関しては原因によって変わってきます。摩擦による外因性の外陰炎ならば、市販の軟膏などで効果がありますが、トリコモナス症やカンジダ症の場合は病院で処方される薬が必要になります。セックスの後に、性器の痛みや痒みなど外陰炎の症状が出た場合は膣炎の併発や性病感染の可能性が高いため、病院で検査を受けるようにしましょう。

外陰炎は再発を繰り返すことが多い病気です。放置せずに病院で検査をし、適切な治療を受けましょう。

引用http://www.std-lab.jp/stddatabase/vulvitis.php

「おりもの」の色別に性病の原因を考えよう!

「おりもの」とは、膣や子宮の粘膜が作る分泌物が体の外に流れ出てくるものの総称です。ストレスや内服しているお薬の影響、生理前やセックス後などでおりものの性状が変わることもあり、個人差が大きいのが特徴です。今回は、おりものの色によって疑われる病気についてみてみましょう。

おりものの白い色が強くなったら?

正常でも、白みが強くなることがあります。月経の約2週間前に排卵期があり、この時期は、白く粘稠度が高いおりものになることがあります。

白い「酒粕(さけかす)様」、「チーズ様」、「豆腐のカス様」、「クリーム様」などの表現されることがあるおりものの状態では、カンジダ膣炎がまず疑われます。

カンジダはしばしば強いかゆみを伴います。カンジダは常在菌なので、セックス未経験者でも起こす可能性があります。ストレスや免疫力の低下、閉経後にみられやすい病気です。

発熱や下腹部痛を伴う場合は、子宮内膜炎や卵管炎を発症していることがあります。

黄色〜黄緑色のおりものは?

細菌感染を起こしていると、細菌をやっつけるために白血球がたくさん混入したおりものになります。

このときおりものは、たくさんの白血球とともに細菌もいるため、悪臭がある黄色っぽいおりものになります。

外陰部のかゆみが強いときは、性交によって感染するトリコモナス原虫という寄生虫による、トリコモナス膣炎の可能性があります。症状が進行すると、おりものが緑色になり、泡が混じって、痛みを伴うことがあります。

黄色〜緑色の場合は、クラミジア感染症による子宮内膜炎や卵管炎の可能性があります。クラミジアの感染初期には自覚症状はほとんどないため、おりものの異常が現れたときには、すでに進行している可能性が高くなります。

茶褐色のおりもの

茶褐色〜赤色の場合には、おりものに血が混じる「不正出血」の可能性があります。正常でも排卵期にはおりものに血がみられることがあります。また、セックスやタンポンなどで粘膜が傷ついて一時的に膣内で出血することがあります。

おりものが増加して悪臭がある場合、子宮頸がんや子宮体がんなどが疑われます。閉経後に老人性膣炎を起こした場合も同様の症状がみられます。

おりものの変化は、健康のバロメーターです。いつもと違うおりものの場合は性感染症やがんのリスクもあります。そのままにせず、専門家に早めに相談して重症化を未然に防ぎましょう!

おりものが多い日はどうしてる?みんながこっそりしている対策とは??

おりものが多い日はどうしてる?みんながこっそりしている対策とは??

生理と違って毎日くるおりもの。生理前後や排卵日の前後は増えてしまうおりものは皆さんどんな対策をしていますか??

なかなか聞けないおりものの悩みを解決しましょう!

実はみんな使っているパンティライナー

おりものが多い日は下着を手洗いしなければ汚れが落ちなかったり、洗濯しても落ちていなくてもう一回洗濯機へ戻したり、なかなか厄介なおりもの。洗いすぎてお気に入りの下着の劣化を早めてしまうのも女性特有の悩みですよね。そんな時に使っている人が多いパンティライナー。最近はデザインが可愛いものや香りが付いているものなど種類が豊富です。ナプキンより薄手なのでポーチにさりげなく忍ばせている女性が増えているようです!

パンティライナーでは抑えきれないおりものは?

水っぽかったり量や臭いが気になる人は性病の危険も。おりもので分別される性病の種類は7〜8種類もあります。

どんなおりものが出ているのかによって疑われる性病は一つとは限りません。明らかに異変を感じた時はすぐ診断を受けに行きましょう。そのまま放置してしまうと病状が悪化し、デリケートゾーンが肌荒れしてしまう事も。

おりものにも周期が!性病にも注意

生理周期と同じようにおりものにも周期があるのはご存知でしたか?おりものの量が増える時期や減る時期がわかる周期があります。生理周期や排卵日を把握しておけばおりもの周期でおりものの量が分かります。量が分かれば前もってパンティライナーや生理ナプキンを用意しておけるのでとっても便利です。

またこの周期に合わないおりものの量だな、と感じた時は体の異変のサインでもあります。このおりもののサインは性病のサインでもあります。

ストレスが原因の場合も。

性病には無縁だと思っている多くの女性は性行為での感染でしか性病にならないと思っていますがそれは実は大きな誤解です。

ストレスで免疫力が低くなってしまうと発症してしまう性病もあります。女性は性病になってもあまり症状がでないので気付きにくい人が多いのです。おりものの異変で初めて病気に気付いたなんてこともよくあります。気付いた時にはもう誰かにうつしてしまったかもなんて事態も女性によくありがちです。

日頃からおりものとうまく付き合う事が女性としての健康管理の方法のひとつでもあります。

生理周期を気にしながらおりもの周期も気にかけてみてくださいね。

参考URL

http://www.kobayashi.co.jp/brand/sarasaty/orimono/

おりものの様子でわかる!性感染症チェック

おりものの様子、普段からチェックしていますか?おりものからわかる性感染症の見分け方をまとめました。

おりものって何で出来ているの?

女性にとって、健康のバロメーターとも言えるおりもの。生理周期で変化したり、もし性感染症になっても普段と様子が変わって異変を教えてくれるものでもあるのです。

そもそもおりものって何でしょうか?おりものとは、子宮頚部や膣からの分泌物・子宮や膣からはがれた古い細胞などが混ざり合って身体の外に出されたものです。通常は無色透明から白っぽくて臭いはありません。少し粘り気があったり、サラサラの状態だったりします。生理前後や排卵日などに量が増えたり臭いがする場合もあります。膣で細菌に感染するのを防いだり、妊娠するために精子の動きを助けたりする役割を持っています。

普段の自分のおりものの様子を知っておくのは、異常に気付くのにとても大切な事なのです。ぜひ、様子を観察するくせをつけてみて下さいね。

いつもと違う?性感染症になった時のおりものの様子

「なんだかいつもと色が違うような気がする」「臭いがきついかも」普段と違う様子に気が付いたら要注意。性感染症の可能性があります。代表的な性感染症と、おりものの様子をまとめました。当てはまるところがないかどうかチェックして下さい。

  • ぽそぽそして白~黄緑っぽい色をしている

カンジタ膣炎が疑われます。誰でもかかる可能性のある、かなりポピュラーな感染症です。免疫力が低下している時に感染しやすいとされています。

  • 血が混じる

生理前後でなければ不正出血のサインです。クラミジアやポリープ、子宮がんの可能性も否定出来ません。早めに医療機関を受診しましょう。ホルモンバランンスが崩れているだけのこともありますが、どちらにしても早目の治療を。

  • クリーム状で黄色っぽく、泡立っている

トリコモナス膣炎に特徴的なおりものです。抗生物質で治療出来ますので早めに医療機関へ。

  • 鼻水のようで黄緑色っぽい

淋菌に感染していたり、大腸菌のような細菌が膣に感染している可能性があります。もし淋菌の場合は抗生物質を飲んで治療します。

おりものの検査ってどうやるの?

いざ医療機関を受診して…おりものの検査ってどんなことをするんでしょうか。どれくらいかかるのか、出来れば費用も知りたいもの。おりもの検査の実態を紹介します。

おりものの検査では、膣内に専用の綿棒を数センチ入れ、内側の粘膜部分を軽くこすって採取します。がん検診や婦人科健診などで経験した人も多いかもしれませんね。採取したおりものを培養したり、顕微鏡で観察して異常がないかを調べます。これでクラミジア、淋病、膣トリコモナス、カンジタ、細菌性膣炎がわかります。ウイルス性の感染症はDNA検査で感染しているかどうか調べます。

検査の費用は、検査キットを使う方が安くできます。大体一項目1000~2000円程度です。医療機関で行う場合、項目にもよりますが、初診料を合わせて10000円程度になることが多いようです。ただし、医師が検査が必要だと判断して保険適用にした場合は3割負担になります。症状がないけど確認しておきたい、という人は検査キットを使う方が手軽で安く出来そうです。

おりものが白になっただけなのに‥性病の可能性はひとつだけじゃない!?

 

普段のおりものの色は透明だったり乳白色のものですよね。いつものおりものが完全に白色になってしまったら疑われる性病は一つだけではありません!!

普段から乳白色の女性なら特に色が濃くなってるなぁ位にしか感じませんよね。でも見逃してはいけない体のサインです!

様々な性病の疑い

白いおりものでこんなに性病の疑いがあります。

  • カンジダ膣炎
  • クラミジア感染症
  • トリコモナス膣炎

聞いた事のある病名が多いのではないでしょうか?

セックスパートーナーは彼だけなのに‥

免疫力が弱くなって発症してしまう場合もありますが上記の病気はほぼ性行為での感染になります。

セックスパートナーは彼だけ!他の相手となんてしてない!と言い切れるあなたは残念ながら彼が他の相手から感染してきた可能性が。

クラミジアやカンジダは風俗で働く女性に多い病気でもあります。

最近そういえば飲みに行っていた、男友達とよく遊びに行ってたなんて覚えがある彼は風俗店へ遊びに行った可能性が。

浮気を疑う前に一度、彼の最近のスケジュールを思い出して!

風俗店でサービスを受けて性病に感染する男性はとても多いのです。

中には一度うつされた事があっても完治したからと懲りずに通う男性も当たり前のようにいるんですよ。

デート前にエチケットゾーンのチェックだけじゃNG!おりものも気にしましょう!

男性とのデート前や露出が多い季節だと女性が気を使うのがエチケットゾーン。ですがその前におりものの色もチェックしましょう!

もし白いおりものが出ていたらその日のうちに診察を受けに行くのが一番ベストですがそうもいかない人はまず性行為をしないようにしましょう!相手を感染させてしまうだけだはなく、病状を悪化させる原因にも。悪化すればセックス禁止期間ももちろん長くなります。女性は性欲を抑えられても男性は難しいものです。セックス禁止期間は彼の浮気や風俗遊びの心配事が増えてしまいますよ。

女性にとったら性欲の我慢より心配事が増える方がストレスになるもの。おりもののチェックが今後の生活を左右してしまうといってもいいでしょう。日頃のおりものチェック、今日から始めてみてくださいね。

彼も顔を背ける悪臭!デリケートゾーンの強烈なニオイの原因は?

彼女のアソコのニオイがきつい!男子の本音

気になるけど聞けない、自分のデリケートゾーンの臭い。夏場や汗をたくさんかいた日は下着を脱いだ時にモワッと臭うことはありませんか?人間も生き物、まったくの無臭という訳にはいかないので本来は気にしすぎる必要はありません。

しかし、彼とつきあい初めて、ようやく初H!その後は急に消極的に…その原因はもしかして、あなたのデリケートゾーンの臭いのせいかもしれません。

ある調査では、男性の8割が女性のデリケートゾーンの臭いが気になったことがあるといいます。しかし、その大半が指摘できないでいるそう。

好きだからこそ言い出せないという意見や、臭いのせいでセックスを避けたくなるという意見も。通常、セックスの前にシャワーなどを浴び清潔にしていればそれほど臭わないはず。それでも彼が背けたくなる程のキツイ臭いにはワケがあります。彼に指摘されてからでは後の祭りです。

きつい臭いの原因を知り対処しましょう。

    普段からツーンと臭う場合はスソワキガかも!?

脇が悪臭を通り越し、刺激臭レベルの臭いを発することがあるワキガは広く知られています。脇のワキガと同様に、デリケートゾーから独特の悪臭を放つ「スソワキガ」があります。

・性器または性器周辺から強い臭いがする

・下着が濡れるほど大量に汗をかく

・下着に黄色いシミが付く、またはキツイ臭いがする

ワキガもスソワキガも原因は「アクポリン汗線」が出す臭い。アクポリン汗線から出る汗と、皮脂線から分泌される脂肪酸、たんぱく質、鉄分、そしてアンモニアなどが混ざり合うことでツーンとくる独特の強い臭いを発生させます。

性器周辺を清潔に保つ、湿気がこもりムレを防ぐために通気性のよい下着をつける、下着をこまめに取り換えるなどのセルフケアで、臭いを緩和させることは可能です。セックス前にもしっかりと泡立てたソープでデリケートゾーンを洗浄すれば、彼にも気づかれにくくなります。

それでも、あまりに臭いが酷いと感じる場合には、外科や美容整形外科での治療を検討してみるのもよいでしょう。

突然臭いがキツくなったら性病の可能性大!!

普段はそんなに、臭いが気にならないのにある日突然、気になりだしたら要注意。もしかしたら、性病に感染しているかもしれません。下記の項目が思い当たったら性病が原因の悪臭の可能性があります。

・おりものから生臭いような腐敗臭がする

・おりものの量が異様に多い

・おりものの色が黄色や緑色・白色などいつもと違う

・おりものが泡立っている

・性器周りにかゆみや痛みがある

性病に感染することで、おりものに変化が生じる過程で量や状態、そして臭いがいつもよりキツくなることがあります。おりものの臭いが強くなる性病には、膣カンジタ症、トリコモナス膣炎、クラミジア感染症などがあります。性病以外の原因でおりものの臭いが強くなる事があります。いつもより臭いが酷いと感じた場合にはおりものの状態を確認してみましょう。これらの症状が当てはまり、性病かもと不安な場合はすぐに病院で検査を受け、適切な治療を受けてください。性病はニオイだけでなく、さらなる性病に感染する、いわゆる重複感染のリスクが高くなります。異変を感じたら、早期の検査と治療でそれらのリスクを遠ざけることもできるのです。

 

デリケートゾーンがキツくなる原因は、スソワキガや性病の他にもあります。生理前にはやや臭いが強くなるのが普通ですし、年代別で見ると、20代に逆に比べ新陳代謝が落ち始める30代は臭いがキツくなる傾向があります。少しの臭いで異常に気にする必要はありませんが、不安な場合は一度病院で診断してもらいましょう。

デリケートゾーンのニオイ対策も女性の身だしなみのひとつです。正しい知識を持ってしっかりとケアしましょう。

 

引用 あやべビューティークリニック福岡 すそわきが    女子のための性病情報サイト

浮気?恋人が性病に感染しちゃった!でもそれ、もしかしたらあなたのせいかも  

恋人に「性病になった」と告白されたら、即座に浮気を疑っちゃいますよね。だって、自分はまったく症状がないんですから。心を許した相手が裏切った…!と眠れなくなってしまいます。どこで病気をもらってきたの? 風俗? やっぱり浮気? もう別れてやる!

いやいや、ちょっと待ってください。恋人が「絶対に浮気していない、君ひとりだけだ」といっています。でも、そんなの信じられない。だって性病っていう証拠があるんだもの。性病って、セックスでしか感染しないんでしょう?

性病って実は自覚しにくい!

そう、たしかに、性病はセックスでしかうつりませんが、もしかしたらあなたのせいだったのかもしれません。つまり、あなたが病気を持っていたかもしれないということ。以前のパートナーとの性行為で、ウイルスをうつされていた可能性があるということです。

というのも、例えば性病の中でも若い世代に多いクラミジアは、女性の場合、かゆみや痛みなどを感じにくく、またおりものが多くなるといったような症状が出にくいので、感染していても病気に気付きにくいことがあります。その反面、男性側は尿道炎になったり、オシッコのときに痛みがあったりと、「もしかして俺…」となりやすいんです。ですから、本当に(ココ重要)浮気をしていない場合、恋人の側にも?マークがたくさん浮かんでいることでしょう。

また、性病の中にはオーラルセックスで感染するものもあるため、性器に菌がなくても喉に菌がついていて、それでうつることもあります。喉がクラミジアに感染した場合は、荒れたり、熱っぽくなったりといった風邪に似た症状が出ることもありますが、まったく症状がないことの方が多いのだそう。その場合は男女関係なく気づきにくいですから、注意が必要です。また、ディープキスでうつることもあるので、判断がなかなか難しいところ。

まずは性病検査を受けましょう

恋人の浮気を疑う前に、心を落ち着かせて、まずは病院に行って検査をしましょう。もしあなたもかかっていたら、やはり彼は浮気していないかも。あるいは性病に似た他の病気かもしれませんし、それはそれで治療が必要です。それを判断するには、やはり専門の医者に見てもらう必要があります。

大切なのは、2人とも検査を受けること。実際に性病を患っていて、片方だけが治っても、もう片方が菌を持ったままだと、またすぐに感染してしまいます。それじゃ意味がないですからね。

もし検査を受けてお互いクロだった場合、治療の期間中のセックスはガマンです。こういった菌を殺すのは抗生物質。この抗生物質は飲んでいる途中で症状がなくなってしまうので、もういいいかという気分になりやすいですが、けれどもその時点ではまだ体の中の菌は絶滅していません。しっかり消滅させてその後のセックスを楽しむためにも、お医者さまにいわれた期間(クラミジアで大体1〜2週間ほど)は、お外デートなどで気を紛らわせて、次の機会を楽しみに待ちましょう。その期間にふたりで何か新しいことを始めてみるのもいいのではないでしょうか。

病気のサイン?性病に感染した際に「おりもの」に出る症状

 

女性の性器から放出される「おりもの」。このおりものが臭ったり、色が変色したり、量が増えた場合などは性病への感染が疑われます。おりものと性病の関係について、各種性病に感染した場合のおりもの症状を交えながらご紹介していきます。

1.おりものの仕組み

女性器から放出される「おりもの」。このおりものというのは、子宮や膣からの分泌物、また子宮や膣内に溜まった汚れや雑菌が混ざり合った体液です。健康な身体の場合であっても、汗などと同じ様に一定量は定期的に放出されます。健康な身体の場合は、おりものの色は無色透明で無臭となります。(但し年齢や食生活などで変色や臭いをやや発する場合あり)これが性病に感染した場合、おりものの匂いは臭くなり、色は変色し、量も増える事となります。これは、子宮や膣内に感染した性病菌を体内から押し出すために、身体が抵抗をしているためです。子宮や膣内に害となる雑菌が入り込んだ場合、身体は子宮や膣内を清潔に保つべく、おりものでその雑菌を押し出そうとします。なお性病に感染してしまっている場合は、たとえおりものが多量に放出されてもそれで雑菌が洗い流せ自然治癒出来る訳ではありません。おりものはあくまでサインとして捉え、性病の治療は医師の指示の下、適切な方法で進める必要があります。

 

2.性病毎のおりものの症状

次に性病感染時におりものに出る症状を、各性病毎に紹介していきます。

 

クラミジア感染症

おりものの量が増え、色が白もしくは黄色っぽくなり粘り気を伴います。膿が交じる事もあります。臭いは余り変わりません。

なおクラミジアは感染しても8割の方が無症状ですので、症状が出ない事の方が多いです。

 

・淋病

上記のクラミジアと症状はほぼ同じです。

 

・細菌性膣炎

おりものが黄緑色の様になり、鼻につくような異臭を放ちます。症状が長く続くのも特徴的です。

 

・子宮頚管ポリープ

おりものが、橙色やピンク色に変色します。血が混じる事もあります。匂いは余り放ちません。

 

・膣カンジダ症

白いカス状の物質(酒かすの様なもの)がおりものに混ざります。また性器を触ると痒み、痛みが伴います。

 

・トリコモナス

おりものが粘り気のある白い泡の様になります。また生臭い匂いを伴います。

 

以上が性病に感染した場合におりものに出る症状です。なお性病に感染した場合でも100%この症状がでる分けではなく、性病に感染していても全く症状を伴わない方ももちろんいます。

3.性病に感染していない場合も変化する

おりものは性病に感染していなくても変化する場合があります。生理期は、おりものの量は増え粘り気がでる、血が混じり普段より匂いを伴うのが正常です。生活リズムが乱れていたり偏った食生活生活をしているとおりものの量が増えたり匂いを伴う事もあります。また年齢によりおりものの量や粘り気が変わる事もあります。(20~30代頃はおりものの量は増えるのが正常と言われてます。)この様に、たとえ性病に感染していない場合であってもおりものが変化する事もありますので、おりものに異変があったら絶対に性病に感染しているという訳ではありません。